トレイの扉/ドキュメンタル3の感想/マヅラ喫茶店

第1441回(11本目/15本録り中)

【ラジオの一言】
更新遅れてすみません。まあでも、ふと冷静になってみると狂気の沙汰ですよね、29歳にもなってネットラジオを1400回も更新し続けているわけです。決して人に自慢できるような内容を話しているわけでもないし、むしろ人として恥ずかしいことばかり話しているわけです。というように、人の目が気になって仕方が無い人生を歩んでいるのですが、気にしていても仕方がないんです。しかし、気にせず大きく変化する勇気も才能も持ち合わせていないので、50歩ほど後退して助走して3cm進むみたいな生き方をしているんです。何故か諦めきれない、何に諦められないのかすらわからない、理想とは、ゴールとは。しかしきっと何かあるんだと思いたいんです。3年前はクソみたいな中小企業で働きながら茨木の誰もいない公園でぼんやり何か眺めていて、ああこのままこの公園で終わるんだと眺めていたけど、何かある気がしていました。今は大企業で精神ギリギリに追い込まれながら下北沢のクソみたいな家でPCを叩いているわけです。成長しているように見えて29歳にもなって実家に帰省する金すら無いので、閉じ込められているわけです。じゃあもっと頑張れよって周りから言われるけど、そんな体力も無いし、気力も無いし、頭も良くないんです。甘えたことばかり言いやがってと嘲笑もされてきたけど、言い訳は腐る程あるんです。まさに弱肉強食だ!なんて言おうとしても、異常な程スベるので言えるわけもなく。皆、戦ってるって頭で理解しても結局一人で戦わないといけない。だからもう、能力の低い人間は寝るしかないんです。ひたすら寝る。そしたら真っ暗な頭の中で苛々が積もりに積もって、頭が破裂しそうになるんです。自分の能力そっちのけで、皆なんてつまらないんだと人のせいしだすわけです。お前らは面白いとは何か知っているか、僕はわかる、面白いことは言えないけど、面白いことはわかる。だから苦しいんです。だったら逃げたらいいじゃないかって言われるんだけど、逃げる勇気すら無いから戦うしかないんです。葛藤することに甘えて30年が経ちそうです。ここは地獄でしょうか、きっと地獄なんでしょう。ただでさえ苦しいのに隣の国では頭のおかしい人たちがミサイルを打ち込もうとしているわけです。笑ってしまうぐらい地獄かもしれません。笑いとは、面白いとは一体なにか、こういう状況のことです。面白い状況にいるんです、悲しいことも苦しいことも笑いにしていくしかない。そしたら何かが見えてきそうじゃないですか。もしかしたら何かあるかもしれない。段々ハイになってきて色々いけそうな気がしてきたら眠りに眠って、明日も明後日も出掛けよう。



スポンサーリンク


【2017年10月26日のニュース】
清宮選手との交渉権を日本ハムが交渉権を獲得しました。また、清宮選手行きつけの淡淡という店の焼肉丼エッグマヨが話題になっています。美味そうです。