過去メール1

番組内で紹介させていただいたメッセージをご紹介させていただきます。
初めてメッセージを送っていただくリスナーさんの参考にしていただければと思います。

────────────────────────────────

【ラジオネーム】
スラブ
【性別】
男性
【年代】
20代
【お住まい】
山口県
【コーナー】

【メッセージ】
タダシゲさんマスダさんこんばんは。
久々です、スラブです。

マスダさん第一子の誕生おめでとうございます!
いろいろあると思いますが、これはとてもハッピーなことなので、
どんどんラジオでお子さんのこと伝えていってもらいたいです。

タダシゲさんは転職されたということですが、前回の収録で言っていた周りが有能すぎる、
というお話、僕も痛いほど分かります。僕の職場も僕からしたら仕事のできる人が多く、
何とかついていっている状態です。そんな感じで社会人も三年目になり後輩もでき、下からの突き上げも怖いところです。
まあ、頑張るしかないんですけどね。

最後に一つお願いです。
自分に余裕が無いからなのか、最近のラジオの内容が重くて濃いからなのか、
なかなか気軽にラジオ聴けていません。
気軽に聴けるポップな話が聴きたいので、好きなスイーツの話をして下さい!
僕は何といっても、苺大福ですね。

さて、ポップで軽やかに前に進んでいきましょう!
ではでは!!

────────────────────────────────

【ラジオネーム】
でっち
【性別】
男性
【年代】
20代
【お住まい】
東京都
【コーナー】

【メッセージ】
ただしげさん、ますださん初めまして。
でっちと申します。
僕はずっと見えないラジオを聴いていて、それがキッカケでタダしいyouに見えるを最近聴き始めました。
お二人が「新規がいない」とおっしゃっていたので今回送らせて頂きました。
これからも頑張ってください。
何を書けばいいかわからないのでこの辺で。とりあえず聞いてるってことを伝えたかったです。

────────────────────────────────

【ラジオネーム】
ピアノマン
【性別】
男性
【年代】
20代
【お住まい】
東京都
【コーナー】

【メッセージ】
よろしくお願いします。ラジオネーム、ピアノマンと申します。
タダシゲさん、マスダさん、この度はこのような場を設けていただきありがとうございます。
本格的にスタートした就活に疲れ果てたわたくしは、しっかりタダしいyouに見えるを聞かせていただいています。
歯に絹着せぬ物言いで世の中への不満を代弁するような御番組の趣旨に大変魅力を感じております。
わたくしも、世の中にはたくさんの疑問を抱えております。具体的には、以下の5点が挙げられます。

就活って何なのでしょうか
一度に何人も並べ、大して話す時間も与えられず、流れ作業のように見定められる。就活って何なのでしょうか。

発言権って何なのでしょうか
気に入らないものを叩きのめし世の中つまらないとなげく。発言権って何なのでしょうか。

政治って何なのでしょうか
有能な政治家が金の問題で辞職し、しなくていいことをする政治家はのうのうと居座る。政治って何なのでしょうか。

報道って何なのでしょうか
声を大きくするマイノリティを取り上げ、多数派の意見が届かない。報道って何なのでしょうか。

しあわせって、何なのでしょうか

以上
相田みつを「ザ・ベスト しあわせはいつも」より抜粋

────────────────────────────────

【ラジオネーム】
レイ
【性別】
女性
【年代】
20代
【お住まい】
北海道
【コーナー】

【メッセージ】
初めましてこんばんは。「タダしいyouに見える」を聴き始めてからまだ数ヶ月なのですが、タダシゲさんの絶望と失望に満ち溢れ屈折した者の捉え方や、マスダさんのお茶目なベールをまといながらも引き裂いて出てくるオレ様的な雰囲気。そんなお二人のトーク内容と声のトーンが聴き心地良く、直近の放送から過去放送へとタイムリープ拝聴しています!長丁場の収録かと思われますが、どうぞお身体に気をつけて収録して下さいね。今後も更新されるのを楽しみにしています。乱文・長文失礼しました。

────────────────────────────────

【ラジオネーム】
ムシャムシャ落武者
【性別】
男性
【年代】
30代
【お住まい】
東京都
【コーナー】

【メッセージ】
初めてメールさせて頂きます。いつも仕事中に楽しく聞かせて頂いています。
私はテレビを見ません。友人、知人、同僚等をテレビの話題になると「テレビ見ないから解らない」と言うと、「ハイハイ。出た出た。テレビ見ないアピールですか?」みたいなリアクションをとられます。アレが非常に不快です。
小さい頃は完全にテレビっ子でした。フジテレビ黄金期はテレビが大好きでした。
しかし、いつに間にか女性向けの内容に偏ってしまい、全然面白くありません。だからラジオばかり聞いていると言うと今度は「ハイハイ。サブカル好きアピールですか?」と嘲笑われた日には、乳製品が原因で酷い目にあったらいいのにと本気で思います。
好きで少数派をしている訳ではありません。なんならコンプレックスです。ボーリングで自然にハイタッチ出来る人間に憧れすらあります。休みの日にボルダリングをして、そこで知り合った人とバナナリパブリックのシャツを着てスムージーを飲みたいです。単館上映なんて不便以外の何物でもありません。
気の知れた友人が増えるのは嬉しいですが、ニヤニヤしながらファッションサブカル好きに話しかけられると、この苦痛の共有が出来ない為かイライラしてしまいます。
まとまりの無いメールですみません。ぶつける所が無いのでメールさせて頂きました。それでも何とか社会人しています。

────────────────────────────────

【ラジオネーム】
リョウ
【性別】
男性
【年代】
10代
【お住まい】
大阪府
【コーナー】

【メッセージ】
タダシゲさんマスダさん、ご無沙汰してます、リョウです!
肌寒い季節が過ぎ桜も散って入学式シーズンも終わり、少し初夏の匂いも感じられる今日この頃です。

さて、話は変わりますが、先日初めて「ビデオ試写室」に行ってきました。以前から存在は知ってたんですが、孤高のオナ禁戦士の僕には縁もゆかりもない場所だなあと思っていました。
しかし先日、思い切って学校が始まる前に「逆に」リセットしようと決意しまして、せっかく抜くなら試写室に行ってみるか!と思い立った次第です。

先に結論から言うと、「一回だけなら良いけど、もう二度と行かないな」です。
(長くなるのでシステムの説明は省きます。)
最初ビデオを選ぶ時は早く抜きたくてたまらないんですが、いざ部屋に入って一発抜くともうダメです。環境が家と違うのでどれだけAVを観ても勃ちません。めっちゃ冷静になります。(あくまで個人の感想です)
それと僕はずっとオナ禁してるので普通に生殖機能が低下してしまったみたいで、せっかくフリータイム5時間コースにしたのに結局序盤30分で抜いた2発しか抜けずあとはずっと地上波のテレビを見てました。「土曜はダメよ!」はいつ見ても面白いです!

僕のような早漏生殖機能低下人間は家でパッと抜いたほうが手軽だしお金も掛からなくて良いと思います、でもこれも需要があるからこそ成り立っているしっかりとしたビジネスモデルなんですよね。これからも世の欲求不満男性達の楽園であり続けてほしいです。そして僕はまたオナ禁ワインディングロードを歩き始めます。

長文乱文失礼しました。ではでは!

────────────────────────────────

【ラジオネーム】
てい
【性別】
男性
【年代】
20代
【お住まい】
東京都
【コーナー】

【メッセージ】
初めてメールさせていただきます。二十歳の大学生で、HARUさんと一緒にバンドをやっています。ていと申します。出身は香川県です。

お二人が結婚や家族について話していることをラジオで聞きながら、自分の中であれこれ思った事があったので、お便りを送ろうと思い立ちました。

僕は、今の世の中が「合理至上主義」であると思っています。

もちろん、たとえば、政治家の方々が何かしらの判断・決断を下す際には、それが理に適っているかどうかを一番に考慮しなくてはなりません。つまり、支払うコストに対して何が得られるのかを、しっかりと吟味した上で実行に移すのです。ビジネス面においても、そうだと思います。

しかし、それだけならまだしも、そういった価値観が、身の回りの人間関係、さらには、その人の生き方そのものにも影響を及ぼしていると思うのです。

例えば、友達を選ぶ際には、「おれはこいつと遊んだり飯を食ったりするために自分の時間を差し出すけれども、その代わりにいったい何が得られるだろうか。本当に楽しい時間が過ごせるだろうか」といった考え方をすると思います。僕もそういったことをよく考えます。

しかし、その対象が恋人、家族、もっと大きく言えば、国、地球といった規模にまで及んでいると思うのです。

「自分がなぜこの人を愛するのか」ということの動機は、単純で明確に説明できるものではないと思います。

恋人・家族で言えば、とにかくこの人と一緒にいたいんだ、とか、自分を産み育ててくれたから愛するんだ、でもいいと思います。

僕たち人間は、一人一人の目標も違っていれば、好きな物・嫌いなものも違うし、抱えている悩みも違っています。そんななかでも、時間を共有して、苦しんでいるときには寄り添い合うのが、温かい人間関係なのではないかなと思います。

国・地球に関してなのですが、「自分を育ててくれたこの国のために、そして次世代のために、自分は何をしようか」という人が限りなく少なくなっていると思います。

なぜなら、そういった類のことは、自分に直接帰ってくる利益が見えにくいか、あるいはゼロだからです。

政治家や学校の先生にクソみたいな人が増えているというのも、合理至上主義が生んだ一つの側面なのではないかなと思いました。他にも様々な原因があるのでしょうが、このままでは、この国がどんどん腐っていくだろうなと思っています。

以前マスダさんが、「孫の顔を親に見せてあげるのは、究極のやさしさ」とおしゃっていたのを聞いて、そこには色んな意味や感情が含まれているなと思いました。

マスダさんの本意とは違うかもしれませんが、そこから考えた事を書かせていただきました。

理性や合理によって発展した文明の恩恵を受けて育ってきた僕たちは、今一度それらを見直す地点に直面しているのではないかと思います。

長文・駄文失礼しました。

今度ピアノマンさんとご飯食べます!楽しみです~

────────────────────────────────

【ラジオネーム】
リョウ
【性別】
男性
【年代】
10代
【お住まい】
大阪府
【コーナー】

【メッセージ】
タダシゲさんマスダさん、こんにちは!ご無沙汰しております!
僕は今高3で、3月に高校を卒業して4月には進学先の専門学校の入学式があります。
そこで、お二人が新しい環境に入っていく時に気を付けていることやそこでの人間関係の築き方のコツなどがあったらぜひ教えて欲しいです!
毒にも薬にもならないクソ真面目なメッセージでごめんなさい!
それでは収録頑張ってください!!

────────────────────────────────

【ラジオネーム】
ピアノマン
【性別】
男性
【年代】
20代
【お住まい】
東京都
【コーナー】

【メッセージ】
タダシゲさん、マスダさんお久しぶりです。
直接お会いしたり、ラジオでお二人の話をしていて関わっているつもりでしたがメッセージは久々となってしまいました。
先日もやしさんからタダシイyouに見えるを聞くのが勿体無くて全く聞いていないとの話がありましたが、僕も全く聞けていません。
大学の勉強や、つい最近までしていたアルバム制作、就活直前の準備で精神的にも肉体的にも多忙になってきているためです。
思えばこれまでタダしいyouに見えるを聞けていない時期は、
受験期間や大学に入った直後、サークルに没頭していた時期など人生を満喫しているときでした。
失礼な表現になりますが、人生を謳歌している時には、人はタダしいyouに見えるを聞かなくなるのかもしれません。
でも、ここは戻ってくる場所だと思っています。きっと就活中に死にたくなったときや、仕事を始めて死にたくなったときにまた更新が待ち遠しくてたまらなくなるんだと思います。
ということで就活が終わったときにまたいい報告ができたらと思います。

P.S.
本文にもありましたが、わたくしピアノマンはローマ字でhitonokoという名義でsamsaraというアルバムを作りました。
24曲入り900円でiTunes Store、Google play music、amazon music等主要音楽配信サイトにて配信中。
CDも1000円で販売しますのでこちらをご希望の方は見えないラジオのTwitterアカウントへご連絡ください。
収録曲にはタダしいyouに見えるのジングルフルバージョンも収録されているので要チェックですね!
hitonokoのsamsara!hitonokoのsamsara!
どうぞよろしくお願いします。

(近々タダシゲさんに二枚お渡ししたいと思うので、マスダさんもよかったら貰ってください。)

────────────────────────────────

【ラジオネーム】
SCRUM
【性別】
男性
【年代】
20代
【お住まい】
奈良県
【コーナー】

【メッセージ】
こんばんは。連投失礼します。 お二人と同じゆとり第一世代SCRUMです。

次回収録までにはタダシゲさんのお誕生日ですね。 おめでとうございます。
直接伺ったのに先ほどのメッセージでは失念しておりました。申し訳ございません。

28歳と言えば氷室京介がバンドを解散して2ndシングル「DEAR ALGERNON」をリリースした時期ですね。 タダシゲさんも歴史に残る何かを発表されるのを期待してます。
リスナー巻き込み企画ゴリゴリのソロラジオやゲストを呼び、楽して話させるラジオなんかどうでしょう。

他に冗談が浮かびませんがとにかく心から笑える1年にして下さい。

ちなみに今日、12月30日が僕たち夫婦の結婚記念日です。
6年になりますがまだ妻の裸を見ればすぐに勃起する仲の良い夫婦です。
タダシゲ喜び組の方々とお楽しみ下さいね。

パイパン万歳!

────────────────────────────────
【ラジオネーム】
SCRUM
【性別】
男性
【年代】
20代
【お住まい】
奈良県
【コーナー】

【メッセージ】
こんばんは。お二人と同じゆとり第一世代SCRUMです。

先日は大阪での飲み会を企画して下さりありがとうございました。
短時間しかおれず申し訳ございませんでした。そして楽しい時間をありがとうございました。

お二人にお会いしてラジオ上でお二人の人となりをメッセージされた方をお見受けしないので少し失礼します。

タダシゲさんはイメージ通りの方でした。 因縁ある僕の隣で居心地が終止悪そうでしたねw それでも受け入れて下さって、会話する為の材料をたくさん振って下さって僕に興味ある風で嬉しかったです。 僕は周りにいる方々のご尽力で、たまたま偉そうな役職で生活させてもらってるので何も実になる事をお伝え出来ずに申し訳なかったです。 妻に殴られた恥ずかしい話もしたので30分無言ラジオを放送させた罪の禊はこの辺りでご容赦頂けますでしょうかw
実は僕からお伺いしたかった事を準備していたんですが、間を掴めず話せませんでした。 また次回があれば配信者としてのお話を聞かせて下さい。 でも、次は目を合わせて会話して下さい。

マスダさんはもっとギラついた方を想像していたのですが可愛らしい見た目でギャップがすごかったです。 どの話題も懐におさめようと皆さんとバランス良くお相手されていて、ここはラジオからのイメージ通りでした。
あのストリートには2軒家系ラーメンがありますがどちらも超オススメですよ。 もしホントにお声がけ頂けましたら奥様のご実家の最寄り駅周辺は厳選してご案内します。

長いので最後に。

いつまでも「タダしいyouに見える」を聴かせて下さい。同い年という事もありたくさん刺激を頂けます。

今、逃げずに努力している人を認める事のできる世を望んで行きましょう。

仲間意識早すぎ病(#人間病院)ですね。すみません。2016年も宜しくお願いします。

────────────────────────────────

【ラジオネーム】
リョウ
【性別】
男性
【年代】
10代
【お住まい】
大阪府
【コーナー】

【メッセージ】
タダシゲさんマスダさん、どうも!リョウです!
大阪飲み会の節は本当にありがとうございました!人生の先輩方からたくさんの貴重なお話を聴けて最高の思い出になりました!ぜひまた近いうちに企画してください!
さて、飲み会の席でもお話させて頂いたのですが先日、晴れて童貞卒業することが出来、長きオナ禁ライフが実を結びました!端的に言うと、3歳年上21歳の経験豊富な女友達にホテルで筆おろししてもらった形になります。
初セックスは腰が砕けるほど気持ち良くて、すぐイってしまいました。皆こんなに幸せな事してるんですね…。
でも、愛撫がくすぐったくて笑ってしまう。手コキとフェラが痛く感じた。愛液の味と臭いが結構キツい。思った以上に疲れるので一回のセックスで限界だったこと。など予想と反した点もいくつかありました。
手コキとフェラの件は、相手は上手かったので僕が仮性包茎だから亀頭ちゃんがビックリしただけですね多分。
正直僕はこの女の子のことが好きで、本気で付き合いたいと思ってます。もしかしたら遊ばれてるのかも知れないし本当は自分の事をどう思ってるのかは分かりませんが、しっかり見極めて悔いのない決断をしたいと思っています。
それと、オナ禁はこれからも継続していこうと思っています。続けることの大切さを初めて身をもって体感できたオナ禁という行為は僕のアイデンティティーです!
駄文長文失礼しました!では収録頑張ってください!またメールします!

────────────────────────────────

【ラジオネーム】
こうもんのオオカミ
【性別】
男性
【年代】
秘密
【お住まい】
大阪府
【コーナー】

【メッセージ】
タダシゲさん、マスダさん、こんちは!

今の時刻を言いますと、12月29日、もうすぐ夜の8時。
仕事を終え、愛車のセックスフレンド2号で、家の前に到着したところです。

もうすでに、約束の地、茨木では、飲み会が始まっていることでしょう。
僕はまだ迷っていました。

もし、今から駅に向かい、電車に乗ったとして、茨木到着は、9時くらいだろうか?
いや、もしものことを考えると、まず家で、入念に肛門を洗わなければならない。
そうしないと、タダシゲさんに失礼じゃないか!
その場合、茨木到着は9時半くらいになるだろう。

タダシゲさんに会いたい…
でも、僕みたいな、しょーもないオッサンを、相手にしてくれるわけが、ないじゃないか!

♪だけどそれじゃ く~るっしっくってー 毎日会~いったっくてー この気持ちー どっおっすっれっば いっい~の~

どうやってたどり着いたのか、僕は、居酒屋の店員に案内され、7名ほどのテーブル席に通されました。
突然現れたオッサンに、にぎやかに談笑していた若者たちは、言葉を失い、いぶかしげな表情を浮かべました。
なぜか、メガネ率が高い集まりでした。

端の席につくと、
「あ、はじめまして、お名前は?」と聞き慣れた声!
タダシゲさんだ!なんて優しい響きなんだ!

僕は緊張のあまり、とっさに、
「あ、えっと、あの~、こっ、こばやしっくす、です」
と、思いついたリスナーさんの名前を口に出してしまった。
恥ずかしくて、とても、こうもんのオオカミです、とは言えなかった。

すると、隣の賢そうな青年が、
「えっ?僕が、こばやしっくすですけど?」と言いました。

やっちまった!
まさか、こばやしっくすさんが来ているなんて!
僕は必死に言いつくろいました。
「いや、あの、こばやしっくす、じゃなくて、こばやセックス、ですよ。よ、よろしく」

しまった!完全に、スベッてしまった!
来るんじゃなかった!

でもタダシゲさんは、
「こばやセックスさんは、何をされてる人なんですか?」
と、フォローしてくれた。なんて優しい人なんだ!

「えっと、僕は、そうですね。N、E、E、T、ニートですね。
ノーエレクション、ノーエッチ、ノーチンコ、
つまり、インポで、セックスレスで、チンコはないも同然、って感じです!」

しまった!完全にスベッてしまった!
来るんじゃなかった!
もうダメだ。
僕は黙りこんだ。

10代、20代らしい、イケメンな若者たちは、オナ禁について語り、下ネタで盛り上がっていた。
タダシゲさんの声が聞こえる
「こないだマスダ君が泊まりに来たとき、ほんとは、くーみんも呼んで、3Pしたかったんですよね。
アプリで知り合った女の子って、ほんとキャパ広いんですよ」
タダシゲさん、なんて、セクシーなんだ!SO HOT!

マスダさんとスクラムさんは、夢について語っていた。
マスダさんは、ファイナインシャルプランナー目線の、経営論を語っている。
若くして独立し、事業を始めたスクラムさんは、その苦労話をしていた。
そのうえで、ライブハウスもやりたい、と言う。
「今の事業が優先ですが、いつかはライブハウス作りたいんですよね。
僕らが定年になるころ、老人は農園に強制移住になるかもしれないじゃないですか。
情熱のあるうちにやりたいんです」

なんて熱い男だ!日本の未来に彼のような人物が、きっと光をもたらすに違いない。
無能なオッサンの居場所は、ここにはない。
僕は静かに帰ることにした。

その前に、どうしても、こばやしっくすさんに、謝罪しなければならないことがあった。
僕は手帳を破り、メッセージを書いた。
「先ほどは失礼しました。もうひとつ謝罪することがあるんです。
こばやしっくすさんの、締めの言葉、アデュー、をずっと無断で使っていました。
すごく気に入ってしまったんです。今まで許可なく使用して、本当に申し訳ありませんでした。
今日は先に失礼させていただきます。
タダシゲさんに嫌われたくないので、僕が、こうもんのオオカミだということは、秘密にしておいていただけませんか?
よろしくお願いします。」
そっと、こばやしっくすさんに、手渡した。

立ち去る前に、僕はタダシゲさんを見つめた。
視線をあわせないように注意深く。
でも最後まで、顔を直視することはできなかった。
ファインメリノウールセーターが良く似合う、タダシゲさん。
いい香りが漂ってくる。
僕は気づかれないように、ゆっくり、深く、タダシゲさんの香りを吸い込んだ。
タダシゲさんを、僕の中に閉じ込めるように。

これで、ひとつになれたね。
さようなら、タダシゲさん
もう、会うことはないかもしれない。
でも、僕たちが運命で結ばれているなら、いつかどこかで、また会えるよね?
タダシゲ美術館で会えるよね?
いままで、僕のロングオナニーメッセージを読んでくれて、本当にありがとう。

その時、突然、こばやしっくすさんが声を上げた!
「え!まじですか?あなた、こうもんのオオ…」

僕は必死で、こばやしっくすさんの口を押えた!
力の限りに手のひらを押し付け、口をふさいだ!

♪ち~かづ~きた~いよ~ き~みの~理想に おとなしくなれ~ない~
CAN YOU KEEP A SECRET CAN YOU KEEP A SECRET

目の前に、こばやしっくすさんが、ぐったりと倒れていた。
息をしていないようだった。
「救急車!救急車!」と叫ぶ声が聞こえた。

僕は、スクラムさんと、もやしさんに、押えつけられていた。
腕を振りほどいて、逃げるように、僕は店を飛び出した。
がむしゃらに走った。

ガランガランと音がして、何かに足を取られ、僕は転倒してしまった。
後ろから、大量のチンタオビールの缶が、転がってきていた。
仰向けに倒れた僕の横に、大型バスが停まり、みんなが僕を見て笑っていた。
ひときわ大きな口を開けて、巨人が笑っていた。

やっぱり来るんじゃなかった。
僕は、涙を流し、横たわったまま、空を見上げた。
そこには、僕の好きな青い空は無く、黒い夜空があった。

♪どんな~と~きだって ずっと~ふ~た~り~で どんな~と~きだって そばにいるから
き~み~という ひか~り~が僕を~見~つ~ける~ 真~夜中に

ふと、我に返ると、僕は家の前で、涙を流して、夜空を見上げていました。

どこからともなく、ささやく声が聞こえました。
「僕たちは見守る側でいいじゃないですか。タダシゲさんとマスダさんも分かってくれますよ。
なんくるないさー」

その声は、遠く南の方から聞こえたような気がした。

アデュー

SPECIAL THANKS TO こばやしっくすさん スクラムさん もやしさん

────────────────────────────────

【ラジオネーム】
ひらいし
【性別】
男性
【年代】
秘密
【お住まい】
香川県
【コーナー】

【メッセージ】
ちょっとアンラッキーながらも幸せそうなますださん、ラッキーだけど不幸せそうなただしげさん、こんにちは。
お便りを送るのは2年ぶりぐらいなひらいしです。

12/29の大阪飲み会は、誘われた風だったので行こうと前向きに調整していましたが、
29日は仕事なので、終わってから駆けつけても21時過ぎになって迷惑ですし、
風邪ひいてるので、うつしてしまっても迷惑なので、これらをできない言い訳にしたいと思います。

まぁ、お二人とは交わることのない運命だったのだと諦めます。

2016年も引き続き、聞き耳を立てておきます。

それでは、またどこかで。

過去メール2



スポンサーリンク